中古マンションを購入する時の注意点を把握しよう
ロゴ

Affordable

中古マンションで夢が叶う【綺麗な街で過ごす術】

中古マンションの利点

  • 初期費用が安い
  • リフォーム工事をしても低価格
  • 資産価値の変動があまりない
  • 選択肢が多数ある

中古マンションを購入する時の注意点を把握しよう

マンション

気を付けるべきこと

いくら杉並区で安い中古マンションを手に入れたとしても、職場から遠すぎたら不便さを感じてしまい、結局売ってしまうということにもなりかねません。ですので、立地条件が希望に合っているかどうか、地図などを利用して確かめておくと良いでしょう。

資産価値の有無

中古マンションを手放す場合、少しでも資産価値が高い方が高額な値段で売ることが可能となっています。ですので、杉並区であっても駅から近い場所や流行っている場所であれば、価値が高騰するので狙い目と言えます。

見ておくべきポイント

20年以上を目安に

中古マンションには必ず築年数が書かれているので、それを把握しておくと良いでしょう。例えば、新築の場合は値崩れがしやすくなっていますが、20年以上の物件なら安定した資産を得ることが可能となっているのです。

耐震性

日本では、規模の大きさに関わらず毎日のように地震が発生しているので、安心して住める家を購入しなければなりません。そういった場合は、耐震性を考えて作られているマンションを探すと安心できるでしょう。

税金を減らせる

築年数が25年以内であれば、住宅ローンの免税を受けることができます。また、25年を経過していても耐震基準適合証明があれば、減税することができるようになっているので、不動産会社に事前に訊いておくと良いでしょう。

広告募集中